債務整理を検討する

借金返済のために生活が苦しくなってきたら債務整理を検討してみるとよいでしょう。

今後、借金が減額されれば返済のめどがつくという人には、任意整理という方法があります。

高金利で借金の返済を長期間続けた場合、利息を払い過ぎている、という場合もあります。任意整理では、利息制限法に基づいて返済額を再計算します。

そして、過払い金があればその金額は返済額から引かれるので借金が減額されます。借金の減額を債権者が了承し、和解が済むと減額された残りの借金の返済が始まります。

残りの借金の支払いに関しては、返済期間は返済が始まる前に債権者と債務者の間で決められます。通常、返済は分割で行うことになっています。

それは、一括返済をすると、一括返済ができる金額があれば任意整理の手続きを行う必要がなかったのではないか、と思われるためです。

任意整理を行うと以後の返済に利息はかかりません。

そのため、一括でも分割でも支払わなければいけない金額に変わりはないのです。

しかし、臨時収入が入った、減額された借金額が思ったより少なかったなど正当な理由があれば一括返済も可能です。

一括で支払う場合は、債権者に返済日の返済額を確認してから支払いを行うようにしましょう。

おすすめ

お気に入り