B型肝炎の原因と給付金について

B型肝炎訴訟の簡易な裁判で給付金がもらえます。弁護士みおではB型肝炎訴訟での給付金は今までに1000件以上の実績。

B型肝炎訴訟の和解手続きには時効があります。平成29年1月12日までに給付金請求しなくてはいけません。和解金は速やかに払われます。

現代では、あまり重篤な病気にかかることは少なくなりましたが、少し前には、輸血などによって、B型肝炎などが起こることがありました。

このB型肝炎ですが、原因は輸血やハリ治療などがあり、血液中のウィルス感染により起こるものがほとんどでした。

しかし、衛生面なども厳しくなり、感染したとしても、重篤なケースになることが少ないので、あまり聞かれなくなった病気の一つでもあります。

この病気ですが、治療法は安静にすることであり、しばらくすると軽快します。

また、集団で感染した場合などには、問題となりますので、給付金が支払われることもあります。

B型肝炎の原因と検査について

B型肝炎の原因はB型肝炎ウイルスですが、その感染経路としては、感染している人の血液や体液を介する場合と、B型肝炎ウイルスに感染している母親から、生まれた子供への感染(母子感染)が考えられます。

以前は、医療従事者の針刺し事故や予防注射での針の使い回し、B型肝炎ウイルスに感染した血液の輸血による感染などもありましたが、現在では、このようなものが原因の感染はほとんど起きていません。母子感染も、現在は母子感染防止法が採られており、ほとんど起きていません。

検査法は、採血をし血液検査を行います。HBs抗原というタンパク質が血中に存在するか調べます。陽性の場合、感染していることになります。陽性の場合、さらに肝機能や血液中のウイルス量、抗体の有無を測定し、判断します。

検査は現在は無料で受けることができます。